2016年09月05日

あいちトリエンナーレ2会場

160903_2.jpg


名古屋市美術館へ出かけた。

岡部昌生氏のアーティストトークの後、ぐるっと観覧した。

ほど近い栄会場も覗くと、アートとはちょっと異質な空間が。

「大愛知なるへそ新聞」の編集室が開放されているのだ。

そこで見つけた金属活字。

活版印刷ではなくすべて手書きで作られているのだが、

下書きのためにこの活字を使っているそうで、

なんとまあ几帳面というか手間のかかる作業にびっくり。

このあと、岡部さん関係の北海道から来られた人たちと

大甚で酒宴、楽しい夜となりました。


160903_1.jpg










ラベル:金属活字
posted by カカシ at 11:38| Comment(0) | 見聞き | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。