2016年07月11日

年月を経ると

160711.jpg


鮎竿のパーツを受け取りにタックルオフへ。

わずか54円のパーツは、ひょっとしてなくても、

さして問題ないのではと思うが、単なる飾りでないことも確か。

トラブルもないままに10年以上活躍してくれているこの竿も

“経年なんたら”による限界がそろそろ近づいているかも知れない。

デスクワーク用のメガネも20年を過ぎた。

レンズは10年ほど前に換えてはいるものの、

さすがのチタニウムも劣化は免れないようで覚悟を迫られた。

OSやソフトの新(進)化に対応できなくなるハードも

いわゆる劣化状態なのだろうか。

まてよ、そんなことより自らの“なんたら”は……。



帰りに寄った江月の「夏野菜の揚げびたし」、「越の影虎純米原酒」の冷やで










posted by カカシ at 15:46| Comment(0) | 鮎釣り | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。