2015年06月15日

2日遅れの鮎解禁

150613.jpg


前夜からの雨が続く9日、一鯇君との鮎釣り解禁です。

解禁日は4,600人のにぎわいだったそうだが、

冷水病が発生して最悪の状態となり、本流は人影もまばら。

吉田川へ上がるも、思った場所に入れてやや拍子抜けする。

でもいよいよスタート、わくわく感がたまらない。

1匹掛けてしばらくすると掛けバリが消えていることに気づく。

気を取り直して再開、パラパラと釣れる、型も悪くない。


雨も上がった昼食後、いきなり強い引きで来た鮎にびっくり。

なんと背に掛かった針のすぐ横に掛けバリがもう1本。

これ、先ほど消えた私の針です。

人の話では聞いたことがあったが、自分では初めての経験。

うれしいような、得したような、勘の鈍さが恥ずかしいような…。

この日は泊まりなので漁協へ出荷に行くと、

不漁で集まりが悪いらしく、ニコニコ顔で引き取ってくれた。

本流の悪評は別として、まあまあのスタートが切れました。



 ボンネットに乗っかっていたアマガエル、2センチもないおチビちゃん




ラベル:鮎釣り
posted by カカシ at 10:06| Comment(0) | 鮎釣り | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください